すずのうた

ニュースやら子育てやら面白いことやら

中田敦彦のYouTube大学は人類の次の一歩(やっとお金の授業を視聴しました)

今日は、私が興味をもたずに生きてきた結果、先日ブログに書いた「お金を使わない=想像しないということ 」になっていた現実をふまえ、逃げに逃げてたけど、「お金の授業」を中田敦彦YouTube大学で受けて見ることにしました。「お金」って書いてあるだけで、結構アレルギー反応でる私には、ボタン押すのも大変な作業だったけれど、押しさえすれば、いつものごとく、めちゃくちゃ分かりやすい!

 

【お金の授業】素人でもできる投資の鉄則を教えます〜後編〜

 

前編は投資の説明編、後編がどう運用していけばよいか、あっちゃんが山崎元さんの本で解説してくれています。今回の動画の見どころは、エヴァンゲリオンの碇親子(ゲンドウとシンジ)の絵が脳内で置き変わるように流れる、中田敦彦さんの父と息子の会話でした。

「今日は、いい日だな、シンジ」

「と、父さん、ここにサインすればいいんだね・・・。

 ここにサインしたら、父さんの役に立てるのかな・・・。」

「書きなさい、シンジ」

「と、父さん」

みたいな感じで、私の脳内で自動変換されていたのですが、こんなことは私だけに起こっていたのでしょうか。中田敦彦さんの父の顔が脳内で碇父の顔で固定になってしまっておりますが、すみません。

中田さんは経済的なことにも長けているし、それ以上に才能を感じる部分は、やはり、分かりやすく人に伝え、興味を持たせる才能ですね!動画を見ている人の知力を上げ、考える力を上げて、目に見えないけれど、色々な方面へものすごい効果を生み出しているのではと思います。池上彰さんや中田敦彦さんのような方がなぜいるのか。人は今、知ることに飢えていて、次の新しい考えをみつけるために、必死にいきはじめたからこそ、圧倒的な説明力、演技力、比喩力を持つ中田敦彦さんの動画にあれだけの反応がおこるのだろうと思います。受験勉強という覚えるための勉強ではなくて、どう生きていいくのか、何が幸せなのかを人が真剣に考え始めたというあらわれなんだなと、私は人の進化にわくわくしてしまいます。動画を見ながら、人類の次の一歩に立ちあっている気分です!

 

さて、この回の話、資産運用大好きな私の夫が、私が結婚した当初から毎日、口酸っぱくいっていることばかりで、びっくり。夫は「手数料が高い!こんなものに投資する価値なんてない!」と、非常に堅実な資産運用しております。夫は「預貯金の利率で悩むなら、働け!利率分なんてすぐ稼げるわ!」です。庶民の貯蓄では貯金したってわずかしか増えない、株を買うにも元手が少ないとそんなに爆発的には増えない。自分でどうやって稼いでいくか考えて動いたほうが増えると夫はいっております。確かにな。はて、私の稼げる才能はどこにあるのか。私の持っている能力で、人に喜んでもらえる才能はどこなのか、色々やって周りの反応をみて、自分を知っていきたいと思う今日この頃です。