すずのうた

ニュースやら子育てやら面白いことやら

中田敦彦のYouTube大学の良さとは(登録者数なぜに非公開かちょっとだけ考えた)

中田敦彦さんのYouTube大学を見て、早数週間。全然、現在に追いついていなくて申し訳ない気持ちでいっぱいですが、Youtube大学の良さは、いつでもどこでも自分が学びたいときに、学びたいものを見れるからよいのです!現在進行形でついていっていない、そこの私と似たようなあなた!大丈夫です。勉強はいつからでもはじめられます!

 

というわけで、中田敦彦さんがYouTube大学の登録者数を非公開にした件、セカンドチャンネル等で理由を話しているのかもしれませんが、私自身が考えたのは次の通り。勉強するのに登録者数も視聴者数も関係なんてないんだよっ、勉強したいときに勉強したい人が見て感動した結果、もっと学びを深めてくれたり、もっと立派な人間になるぞ!と思ってくれることが大事!視聴者数や登録者数は、学ぶことと関係ない。自分自身を見つめて、自分が学びたいことを、自分が選んでいく。それが学ぶということだ!

という理由で非公開なのでは。

 

さて、前置きが長くなりましたが、私は、YouTube大学を見たいものから見ておりまして、今日は「歴史的名著「君たちはどう生きるか」」の回を視聴しておりました。あっちゃんが、冒頭で、食わず嫌いだったといった内容の発言をしていましたが、私も全く同じく、食わず嫌いしてました。名著だと言われれば言われるほど、誰が流行りになんかのってやるかというこの天邪鬼な心。そして、今更、この年になって「君たちはどう生きるか」を読んで、ああ、あの純粋な心をもっていた時に読んでいたら、今はこうならなかったんじゃ・・・なーんて後悔したくないと、自分の身の安全の確保の為に、実は手に取らなかった私がいます。でも、あっちゃんの授業を聞いて、年を経てきた私は、ものの考え方をどう深めていくのかがとても大事で、どう生きるか=どう考えるのか だなと、自分の人生後悔しちゃうのではとびびって読まなかった私が素直に感動してしまいました。単純な私ですが、この単純さが私の良さ。

 

自分の自己保身の為に、傷つきたくないから勉強しないっていうのは、もったいないことですね。新しいことを知ると、人生希望に満ち溢れてきます。もちろん、その反対もあるけれど、知らないままでいるより、知っていく方が断然いい。今日も、楽しく授業聞けて、大満足なのです。ありがとうございます。