すずのうた

ニュースやら子育てやら面白いことやら

小学校の帰り道 一人で帰ること

小学校のころ、皆で一緒に帰りはするけれど、私ひとりだけが、住んでいる場所が皆と違いすぎて、とある場所までくると、「バイバイ」と言って私ひとりで、人通りの少ない道に入っていく。狭くもなく、広くもない道に、友達と別れて、私はいつもたった一人。家に帰りつくまで一人なのだ。

 

一人と聞くと、さみしかったのかしら?と思われるかもしれないが、私は全くそんなことはなくて、友達と別れてまずはほっとしていた。私の家は、ちょっと他の家族とは違っているらしく、おかげさまで皆と話を合わすことが大変で、自分が喋りたいように喋らず、皆が楽しそうに話しているのを「世の中には、そのような物やそんな考え方があるのか」と、いちいちカルチャーショックを受けていた。だから、家でもない、学校でもない、友達もいない、たった一人の時間をもてるこの道にいる時間が好きだった。この道は、静かだけど、木々もある。道のそばに建つ民家からは、時折、家事の音が聞こえてきて、一人だけで道を歩いている心細さはない。友達と別れて、ほっと息をつくと、私は、きゅっと顔をあげて、誰もいないけれど真っすぐに伸びている道に安堵の眼差しを向けるのだ。今日、学校であったことを少し回想していると、私の一番お気にいりの場所にくる。納屋と家の間に細い通路があり、その通路にはいつも不思議な色の光が注いでいた。ホコリに日光が当たって、キラキラ輝いているだけなのだけれど、当時の私にはそれ以上のものに感じられた。一筋の光が、そっと地面を照らしていて、照らされた地面には、シロツメ草があって、私は神様か妖精のような存在が照らされているように感じたのだった。通路に入っていくこともできたけれど、私は道からその一筋の光とその行く先を見つめて、ずっとたたずんでいた。学校も家も楽しいこともあれば、悲しいこともあって、どう生きていくことが自分らしいのだろう、まだ言葉にできない何かがもやもやしていた。そんな気持ちを持っていたのに、一筋の光をみていたら、楽しいとか悲しいとかいう感情とは別の静かで穏やかな気持ちが自分の中に生まれるのを感じた。静かで穏やかな気持ちの先に、ほっこり暖かい気持ちも生まれた。一筋の光は、平安をもたらした。一筋の光が照らした先にあったシロツメ草は、光を受け取り美しく輝いていたので、私は生きる喜びを得たのだと思う。

 

たった一人で歩くあの道が、私にどれだけの愛を与えてくれていたのだろう。立ち並ぶ民家も、大きく茂った木も、光も、音も、電信柱さえも、たった一人で歩く私には、気配を感じさせてくれた。一人じゃない私、いつだって一人ではないことを、無意識に理解し、体感していたのだ。ひとりになりたいは、ひとりじゃない自分を感じたいってことなのだ。今も、あの道を歩くと、私は小学生の頃に戻った気分になる。今も、一筋の光はあって、今も私に生きる喜びを与えてくれている。

中田敦彦のYouTube大学 文学シリーズ いい教師は、いい役者編

中田敦彦YouTube大学の変遷振り返っていたら、文学シリーズ完全にみてなかったことに気づき、見てみたら、非常に面白い!というわけで、文学シリーズを激押ししていこうと思います。今のところ、「マクベス」が一番私のおすすめですが(まだ全部みきれてないので暫定1位)、記念すべき文学シリーズ第一弾を下に貼っておくので、是非是非ご視聴ください。

 

【文学シリーズが始動】第一弾は夏目漱石「こころ」前編!中田敦彦の世界一分かりやすくて面白いエクストリーム文学!累計発行部数700万部超えの不朽の名作を独自解説

 

さて、文学シリーズ、私は避けていました。なぜに避けていたか。読んだことがあるから避けていたのです。自分で読んだ感動を、わざわざ他人に説明されたいか。読書とは個の体験であるのに、わざわざ中田敦彦さんの解説聞く必要はないだろうと思っていたのです。そう、知っていることを、わざわざ、もう一度知る必要があるのか。他にも動画はいっぱいあるのに、優先順位は一番後回しに必然的になっていたわけです。

 

大好きな作家を、大好きな人たちと語ることほど楽しいことはないけれど、授業形式で語られるのは如何な形なのか、懐疑的に見始めた私でしたが、途中から「すごい」と心で叫ばずにはいられず、例のごとく、視聴ボタンを次々押していく羽目に。

 

文学の解説であるのに、何がどうすごいのか。私は、今まで受けてきた「国語」の授業のイメージで見始めたのです。夏目漱石の「こころ」の授業を学校で受けたときなんか、どうしたらあの名作をここまでつまらなく興味のない話に変えられるのか、私は不思議でたまらなかったし、結果、授業を受けずに図書館へエスケープするという学生としてあるまじき行為をとっていました。そんな私が、たとえ、尊敬する中田敦彦様が授業するといっても、トラウマのようになっている文学の授業受けるはずなかったのです。見始めて、驚きました。解説にもなっているうえに、一本のお芝居を見終わった気分。

 

「こころ」の動画で解説すると、「わたし」の心情、「先生」の心情、「K」の心情が手に取るように入ってくる。国語の授業で、「わたし」はこう思っていたと解説されてましたが、私の心にはちっとも響いてこなかった。でも、中田敦彦さんにかかれば、心情がそのままことちらに伝わってくるのです。人は、読書するときに、人物や風景を思い浮かべるものだと思うけれど、私が想像していたそのまんまの「わたし」や「先生」を演じられることに感動しました。いい役者とは、無数にいる客の心象風景と同じイメージを届けられる人なのです。無数にいる客、それぞれイメージやものの捉え方は千差万別なのに、いい役者はその人がイメージしやすいように届けることができます。中田敦彦さんは、そこが秀でているし、秀でているが故にこちらになかったはずのイメージさえも、あたかも自分の中にもともとあったのではと思うほど自然に自分の心の中で生まれて、受け止められるという事象が発生しているのです。

 

いい教師とは、いい役者なのです。

 

そして、どんどん、そのいい役者っぷりに磨きがかかってきていて、どこまでいくのだろうと毎日の動画更新を楽しみにしてしまっています。

 

 

中田敦彦のYouTube大学の変遷を振り返る①

中田敦彦YouTube大学、かなりの動画数になってきたので、これまでの変遷を追ってみたいと思ったのと、個人的に中田敦彦という魅力的な人間の心の変遷も勝手に分析してみたい。

 

キングコングの梶原さんではなく、カジサックさんに教育系YouTuberを進められる前の動画時代は短時間ものが多い。この頃の中田さんは、自分の得意分野は分かっていて、おそらく視聴者が知りたいと思っているだろうなという、彼自身の中でストックされていたものを語っていたのではと思う。今まで認められたことを、認められたようにやり、綺麗に動画をまとめている。かっこいいけど、中田敦彦という人間の魅力がまだ完全には爆発していない時期だし、まだ本気をだしていない時期。そんな時期だったにもかかわらず、私はプレゼン練習法を見て、「ああ、やっぱり練習しかないのか。準備力が大事だ。」と感化されてるから、本気出してなくても、一定レベル届けてしまう中田敦彦のものすごさよ。

 

そして、YouTubeに本気だしていく時期がやってきます。新しい世界の幕開け。初めは、教育系Youtuberのイメージから、受験生向けを考えたようなラインナップでまずは開始。世界史に殴り込んでいく。実はこの頃、私自身、体調崩しておりまして、家で寝ながら動画を視聴していました。ものすごい時代が来たなと、布団の中で震えていたのを覚えています。受験勉強なんてどうでもよくなる時代が来てしまったと、震えていたのであります。この動画みてしまったら、大体のことが頭に入ってくるし、勉強がたやすくなる。皆の学力が上がって、記憶力が勝負というレベルから、本当の意味で学問を語り合える時代に入ってきたと。視聴者に与えた教育系Youtuberの力、中田敦彦の力で、まずは一度私自身がぶん殴られた時期です。

 

伸びていく視聴数、登録者数。あっという間に、20万人を突破。途中、中田敦彦さん自身が好きなジョジョや絵本や藤森さんを挟みますが、日本史の解説へ進みます。このまま歴史関係でずっといくのかなと思っていたら、偉人伝が来た。歴史を追うことと、一人の人間の人生をみていくことでは、また違う頭が動きます。大きくものをみていたところから、ぐんと一人の人に焦点をあてる。YouTube大学の視聴者的には、歴史も人もするのか、なるほど、色々学べるんだと思っただろうし、歴史に興味のなかった人は偉人伝(amazonジェフ・ベゾス)で新たに視聴者登録した人も多かったのでは、ジャンルを広げていきます、結果、30万人突破!

 

30万人突破後も、偉人伝シリーズが続きます。中田敦彦さん自身、偉人たちに興味があるといったお話もされていますし、世界史・日本史を一通り語り終えた後、、現代の偉人伝を語ることで今の時代がいったい何がおこりどう進んでいっているのかを視聴者及び中田敦彦さんが吸収していった時期なのかもしれません。

 

しかし、大きなものを見すぎていると、人は、自分と向き合いたくなる。文学シリーズが始まります。私は、まだ文学シリーズ、きっちり視聴できていないので、まだ文章に書けなくて申し訳ありません。この文学シリーズで、中田敦彦さんの頭の中に「人間とは何か?」という哲学的な問いが終始あったのではないかと想像します。

(今日は、いったん、ここまで!)

 

私の尊敬する一人、昭和の知の巨人、立花隆。彼も、とにかく本を読んで、読んで、取材をして、自分の知的好奇心を追求することで、読者に知識を与えてくれた。中田敦彦さんのすごいところは、誰でも分かるようにプレゼンできる表現力、熱量が伝わってくるから、学ぶって楽しいんだ!を人に伝染させる、伝染力。知りたい人が知っていけばいいじゃないという時代から、「こんな面白いことがあるんですよ、どうですか、それも知ったなら、こんなのもあるんですよ、学ぶって楽しいですよ~」と、ものすごい知識の押し売りされてるのに、押し売られ感全くなしで、ストレスフリーで次々視聴ボタンを押し、気が付けば、「自分はどうやって生きていくんだ!?」を真剣に考えてしまう。一番真剣に考えているのは、中田敦彦本人なのだから、視聴者はそれに伝染してしまうのです。吉田松陰がいたから、明治維新もあったのでしょう。偉大な教育者、感化する人がいること、時代が動く前夜です。

中田敦彦のYouTube大学は人類の次の一歩(やっとお金の授業を視聴しました)

今日は、私が興味をもたずに生きてきた結果、先日ブログに書いた「お金を使わない=想像しないということ 」になっていた現実をふまえ、逃げに逃げてたけど、「お金の授業」を中田敦彦YouTube大学で受けて見ることにしました。「お金」って書いてあるだけで、結構アレルギー反応でる私には、ボタン押すのも大変な作業だったけれど、押しさえすれば、いつものごとく、めちゃくちゃ分かりやすい!

 

【お金の授業】素人でもできる投資の鉄則を教えます〜後編〜

 

前編は投資の説明編、後編がどう運用していけばよいか、あっちゃんが山崎元さんの本で解説してくれています。今回の動画の見どころは、エヴァンゲリオンの碇親子(ゲンドウとシンジ)の絵が脳内で置き変わるように流れる、中田敦彦さんの父と息子の会話でした。

「今日は、いい日だな、シンジ」

「と、父さん、ここにサインすればいいんだね・・・。

 ここにサインしたら、父さんの役に立てるのかな・・・。」

「書きなさい、シンジ」

「と、父さん」

みたいな感じで、私の脳内で自動変換されていたのですが、こんなことは私だけに起こっていたのでしょうか。中田敦彦さんの父の顔が脳内で碇父の顔で固定になってしまっておりますが、すみません。

中田さんは経済的なことにも長けているし、それ以上に才能を感じる部分は、やはり、分かりやすく人に伝え、興味を持たせる才能ですね!動画を見ている人の知力を上げ、考える力を上げて、目に見えないけれど、色々な方面へものすごい効果を生み出しているのではと思います。池上彰さんや中田敦彦さんのような方がなぜいるのか。人は今、知ることに飢えていて、次の新しい考えをみつけるために、必死にいきはじめたからこそ、圧倒的な説明力、演技力、比喩力を持つ中田敦彦さんの動画にあれだけの反応がおこるのだろうと思います。受験勉強という覚えるための勉強ではなくて、どう生きていいくのか、何が幸せなのかを人が真剣に考え始めたというあらわれなんだなと、私は人の進化にわくわくしてしまいます。動画を見ながら、人類の次の一歩に立ちあっている気分です!

 

さて、この回の話、資産運用大好きな私の夫が、私が結婚した当初から毎日、口酸っぱくいっていることばかりで、びっくり。夫は「手数料が高い!こんなものに投資する価値なんてない!」と、非常に堅実な資産運用しております。夫は「預貯金の利率で悩むなら、働け!利率分なんてすぐ稼げるわ!」です。庶民の貯蓄では貯金したってわずかしか増えない、株を買うにも元手が少ないとそんなに爆発的には増えない。自分でどうやって稼いでいくか考えて動いたほうが増えると夫はいっております。確かにな。はて、私の稼げる才能はどこにあるのか。私の持っている能力で、人に喜んでもらえる才能はどこなのか、色々やって周りの反応をみて、自分を知っていきたいと思う今日この頃です。

 

特別な街 パリ

特別な街、私にとって、それは、パリだった。

 

パリが特別だなんて、私の中には全くなかった小学生のころ、母に連れられて、宝塚歌劇を観に行った。大きな舞台で、パリの歌を合唱している団員を見ながら、地図でどこにあるかも知らないその街が特別な場所なんだ、そんなキラキラしている場所がこの世にあるのかと思った。

小学6年生の修学旅行。親から初めてもらったお小遣いを握りしめ、家族に買うお土産とは別に、自分に何か特別なものを買ってあげたいと、土産物売り場をウロウロしていた。舞台で歌われていたパリの歌とまだ見ぬヨーロッパの香りを探していた。ここは日本なのに、私は、ずいぶん前に見た舞台の感動をまだ引きずっていた。土産売場の片隅に、十字架がそっと置かれていた。修学旅行のその地と全く関係のない十字架。パリの雰囲気を探していた私にはぴったりのものだった。自分のお金で初めて、自分の欲しいものを買った、憧れの地に少しでも近づけるのではと思って握りしめたのは十字架だった。パリとは程遠い場所に住んでいる自分が、十字架を握りしめて、憧れの地に行きたいと夜な夜な夢にみているなんて、家族に言えば一笑されて、「似会わないわよ」と笑われるのが怖くて。私は十字架にその思いを封じ込めて、買ったことを誰にも話さず、十字架を大事に机に隠して、私の憧れを封印したのだった。

 

大学生になり、たまたま学部からドイツに行くことになった。修道院の見学もあり、教会にもおもむくのだった。ステンドグラスから入る光に目を奪われて、中にゆっくりすすみ、頭をあげると、教会の中央にかけられているのは、十字架だった。私は、何かを取り戻すかのように、ゆっくり思いだしていた。ああ、そういえば、小さな頃に私は憧れていた。「パリ」という音の響きと、そして文化の香り。そこに行けば、きっと何かがあると思っていた。なのに、忘れていた。忘れていたのではなく、忘れようとして、十字架に封印してしまったことを思いだした。こんなところで、こんな美しい場所で、自分の本当の気持ちに触れるとは思わなかった。ここはドイツで、パリは国境を超えればすぐ行ける場所にある。日本からドイツに来たことに比べれば、パリに行くことはたやすかった。ドイツ語は多少分かっても、フランス語はちんぷんかんぷんの私に教授は、「今からパリに行くって大丈夫なのか」と、ずいぶん心配してくれた。でも、ここで行かねば、いつ行けるんだろう。家に帰れば、きっと私の家族は私に「パリなんて似会わない」って言うだろう、そして、私はきっと行けなくなってしまう。教授に、「大丈夫ですよ!アン、ドゥー、トロワ!数字は言えるようにしましたから!」教授は吹きだした。教授が吹きだしたのも、無理はない。宿はとっていないし、向こうにいってから、宿をとるっていいはる私に、「宿をとれるかちょっとフランス語で話してみろ」といってみたら、返ってきた返答は1.2.3だったから。こりゃ、ダメだと教授は笑った。笑って、「まあ、行くなら行ってこい、気を付けて!」笑ってくれたから、私は、とにかくパリに行くことにしたのだった。自分のふてぶてしさとどこから出てるか分からない度胸を、教授の笑い声が肯定してくれている気がして、パリへと向かった。

 

国境を越え、パリに行く。聞きなれたドイツ語がフランス語にかわり、なんて言ってるんだと少し不安になりながらも、憧れのパリの地を踏むことを楽しみにしていた。

 

パリの駅に着いたときの記憶はない。分からない言葉、とにかく泊まるところを見つけねばという不安で、私の記憶は抜けている。なんとか宿をとって、ほっとして下を向いた石畳からが私のパリの記憶だ。パリは石畳なんだ、街と石畳があっていて、私は嬉しくて、クルクル回りたい気分。ぐっと気持ちを押さえて、石畳をぴょんぴょんと歩いていく。シャンゼリゼ通りを高揚した気分で歩く私は世界で一番幸せものなのではと思えた。住みたかった街に、今、ここにいること。きっと自分には出来ないと思っていたことを、自分の力でやって、ここに立っている!ああ、パリ!文化があり、音楽があり、食があり、そして、自分も出来るんだってことを教えてくれた街。いつか住みたい街で、住みたかった街。憧れの街の真ん中で、私は家にある、お土産屋で売っていたあの十字架を思いだしていた。もう憧れではなくて、パリは来た街になった。大事な家族に私の思い出話をしてみよう。私は、家族に「パリなんて似会わないよ、行けないよ」って言われるのが一番怖かったけれど、今はもうきてしまった。似会わないなんて言わせない、だって、シャンゼリゼ通りで今一番幸せなのは誰でもない私なんだから。パリにきて、ちょっと自信がでてきて、自分が想像する家族の言葉が優しい言葉に変わり始めていた。

 

そして、今、住みたい街は、家族が住んでいる街。

優しい暖かい言葉をくれる家族が住んでいる街、

私も昔よりは家族に優しい言葉を言えるようになったのかな。

いくつかの住みたい街を通りすぎて、私は人を愛するようになったのだ。

 

 

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街

書籍化記念! SUUMOタウン特別お題キャンペーン #住みたい街、住みたかった街
by リクルート住まいカンパニー

中田敦彦のYouTube大学の良さとは(登録者数なぜに非公開かちょっとだけ考えた)

中田敦彦さんのYouTube大学を見て、早数週間。全然、現在に追いついていなくて申し訳ない気持ちでいっぱいですが、Youtube大学の良さは、いつでもどこでも自分が学びたいときに、学びたいものを見れるからよいのです!現在進行形でついていっていない、そこの私と似たようなあなた!大丈夫です。勉強はいつからでもはじめられます!

 

というわけで、中田敦彦さんがYouTube大学の登録者数を非公開にした件、セカンドチャンネル等で理由を話しているのかもしれませんが、私自身が考えたのは次の通り。勉強するのに登録者数も視聴者数も関係なんてないんだよっ、勉強したいときに勉強したい人が見て感動した結果、もっと学びを深めてくれたり、もっと立派な人間になるぞ!と思ってくれることが大事!視聴者数や登録者数は、学ぶことと関係ない。自分自身を見つめて、自分が学びたいことを、自分が選んでいく。それが学ぶということだ!

という理由で非公開なのでは。

 

さて、前置きが長くなりましたが、私は、YouTube大学を見たいものから見ておりまして、今日は「歴史的名著「君たちはどう生きるか」」の回を視聴しておりました。あっちゃんが、冒頭で、食わず嫌いだったといった内容の発言をしていましたが、私も全く同じく、食わず嫌いしてました。名著だと言われれば言われるほど、誰が流行りになんかのってやるかというこの天邪鬼な心。そして、今更、この年になって「君たちはどう生きるか」を読んで、ああ、あの純粋な心をもっていた時に読んでいたら、今はこうならなかったんじゃ・・・なーんて後悔したくないと、自分の身の安全の確保の為に、実は手に取らなかった私がいます。でも、あっちゃんの授業を聞いて、年を経てきた私は、ものの考え方をどう深めていくのかがとても大事で、どう生きるか=どう考えるのか だなと、自分の人生後悔しちゃうのではとびびって読まなかった私が素直に感動してしまいました。単純な私ですが、この単純さが私の良さ。

 

自分の自己保身の為に、傷つきたくないから勉強しないっていうのは、もったいないことですね。新しいことを知ると、人生希望に満ち溢れてきます。もちろん、その反対もあるけれど、知らないままでいるより、知っていく方が断然いい。今日も、楽しく授業聞けて、大満足なのです。ありがとうございます。

トーマの心臓という傑作

今週のお題

 

好きな漫画といえば、頭に浮かぶのは萩尾望都先生の「トーマの心臓」。

 

私が初めてこれを読んだのは、小学4年生で学校を風邪で休んでいる時。母が面白いから読んでみなさいと手渡されたのが「トーマの心臓」なのでした。今思えば、母よ、小学校4年生の私になんて本を手渡しているのだと思うのです。渡すの早すぎるだろ!と。そう、私の母は、一風変わっていて、母は幼少期から男色物を読み漁り(風と木の歌が発刊される前はまだまだBLなんて異色のもの。母はその手の話を読みたくて仕方なくて古典を読みつくすしかないと古文も読みこなす生粋の腐女子だったのです。)、その手の古典が本棚に並ぶ家で育った私。子供の私が一番初めに読んだ漫画が「パタリロ」「風と木の歌」「ポーの一族」と他の子供たちと全く話があわない!という育て方をされておりました。そして、渡された「トーマの心臓」!!!幼少期からBLの英才教育を受けてきた私でしたが、しかし、母よ、子供に渡すチョイスがものすごすぎる。風邪ひいているのに、こんな人生の大問題つきつけてくる漫画、渡してくるのかと。

 

はじめての「トーマの心臓」は、全く、全く、意味が分かりませんでした。読了して、「は、何がいいたいの?なんでユリスモールは許された感満載なの!?え、なんで、なんで???名作って聞いたけど、このどこが名作なの!?」小学校4年生の私は、内容が全く理解出来ない漫画が初めてで衝撃を受けました。世間や、周りの大人は名作だというのに、私にはちっとも理解出来ない。少年たちの心の機微が分からない。分からないだらけの漫画を読んだ衝撃と同時に、きっとつまらない漫画だったんだと小学生の私はそう結論づけて、落ち着いたのでした。

 

しかし、分からない漫画に出会った衝撃は、ずっと心の中に残っていました。そして、高校生になったころ、また風邪をひいて、学校を休むことになりました。熱に浮かされながら、私は、小学生の時に読んだ全く分からなかった漫画を思いだしていました。あれは何だったんだろう、ずっと心にひっかかっている、面白くないかもしれないけど、特に読みたいものも今ないし、もう一度読むかと、気軽に「トーマの心臓」を手に取ってしまいました。小学4年生の時に分からなかったことが、高校生ともなると、ぐんぐん心に入ってくる上に、思春期の自分の悩みや苦悩と重なって、大号泣したあげくに、ユリスモールと完全同調してしまい、もう信仰の道を歩むしかないぐらいな勢いで読了。風邪ひいていたのなんて、どこへやら、ああこの思いを、許された気持ちを誰かに伝えたいっと、布団から起き上がってそわそわする羽目に。そして、6年越しぐらいで、母に「ああ、すすめてくれて、ありがとう」と感謝できるように。母よ、ただ腐っているだけだと思っていたけど、母は偉大でした、ちゃんと名作でした。小学4年の時に理解出来ず、萩尾望都先生って分からないと思って、本当にすみませんでしたと、萩尾望都先生は本当に偉大ですと、どの方向に祈ればいいか分からないけれど、萩尾先生に祈りを捧げるのでした。

 

あれから、ずいぶん経ちますが、時折読み返しては、自分自身の生き方を考えなおさせてくれます。優しさ、本当の愛とは何だろう。生きていくとは何だろう。私の漫画人生の中で、いえ、読んだものの中で一番衝撃を受けた作品であることに間違いはなく、ずっと私の心の中で、私に問い続けてくれる作品なのです。